-

コンテナシャワー(コンテナ散水システム)

『コンテナシャワー(コンテナ散水システム)』はコンテナの屋根に散水することにより、夏場には70℃近くの高温に達するコンテナの温度を下げる画期的な商品です。
コンテナ内作業における熱中症対策や、コンテナ内の熱を倉庫内に持ち込むことを防ぎます。

【夏場のコンテナ内での作業が暑くてお困りの方へ】

夏場のコンテナ内の温度は40℃を超える時もあり、作業者の熱中症の原因のひとつに挙げられます。また、コンテナ内の熱気が倉庫および工場内に入り込むことにより、建屋内の温度も上昇し広い範囲での熱中症リスクを高めています。コンテナシャワーは事前にコンテナ内の温度を下げることができるため、新しい熱中症対策商品として注目されています。

様々な建屋構造に対応

一般的な庇構造だけでなく、ピロティ構造にも柔軟に対応します。また、スプリンクラーの形状を変えることにより、強力な放水から霧状の散水まで選択可能で、商品はもちろんトラクタも濡らしたくないといったニーズにもお応えします。

庇構造ピロティ構造
1603175615554831.png1603175650947611.png

散水範囲

1603176030787498.png

庇下はコンテナ毎にマイクロスプリンクラーを設置。庇からはみ出した部分は複数のコンテナを1台のスプリンクラーでカバーすることにより水道料金を抑えます。

平面的に濡らしたくない部分がある場合は、スプリンクラーを180°旋回ではなく90°旋回にすることにより散水範囲を制限することが可能です。

【効果】

55℃だったコンテナの表面温度が、僅かな散水により32.5℃まで低減しました。(実測値)

55℃   32.5℃
1603175970784414.png


【タイマーにより自動散水可能】

タイマー設置により、9:00~17:00のように予め設定した時間に散水することが可能です。タイマーは簡単に変更することが可能なので、水道料金を大幅に抑えることができます。

【電気工事も簡単】

近くのコンセントを利用した電気式、乾電池を利用した電池式を選択可能です。現場環境に応じて様々なオプションをお選び頂けます。

【導入実績

1604563056136485.jpg
ニトリ関東DC(埼玉県)

1604563183112975.jpg
ニトリ関西DC(兵庫県)

1604563238213195.jpg
ニトリ九州DC(福岡県)



【製品紹介動画】