-

ケースハンドリングロボット(自動倉庫ロボット)

『ケースハンドリングロボット(自動倉庫ロボット)』はケースを保管するスペースを持ったロボットが、棚の間を走行し、左右にケースを振り分けながら入出庫します。ロボットは作業者の代わりに保管エリアから入出庫エリアに自走しながらケースを運びます。既存の中量ラックをそのまま使用し、現場を自動倉庫に変身します。条件さえ合えば現在ご使用頂いているケースをそのまま使用することも可能です。人によるピッキングからロボットによるピッキングに変更し、工場や倉庫の無人化・省人化に貢献します。 お客様のご要望によっては違うメーカーでのご提案も可能です。お気軽にお問合せ下さい。

ソーティングロボットとの組み合わせにより、入庫~棚入れ~棚出し~出庫までを完全無人化することが可能です。
《実用新案登録済》

【インテリジェントなスケジューリングシステム】

・スマートな交通制御、複数シナリオ、複数車両のスケジューリング機能

・安定した効率的なナビゲーションモード、マルチパスのリアルタイム設計、車両操作の包括的な監視

【6つのメリット】

・モジュール設計

・レーダー障害物回避機能

・安全なエッジ構造

・オンデマンド展開

・短い実装サイクル

・低コスト

【製品規格】

型式Z-50S
ロボット寸法(長さx幅x高さ)L1560 mm x W860 mm x H3800 mm / H4400 mm(MAX)
ロボット重量450 kg
積載数量6 ケース / 8 ケース(MAX)
最大積載荷重30 kg / ケース、180 kg / 台
ケース寸法(長さx幅x高さ)L500~600 mm x W400 mm x H100~380 mm
最大走行速度1.2 m / 秒
最大昇降速度0.5 m / 秒
シングルピックアップ時間4.5 秒
シングルデリバリー時間4.0 秒
ワークステーションのピッキング効率350~400 ユニット / 時間
取り扱い効率35~45 ケース / 時間
旋回能力回転直径 2 m、旋回角度精度 ±0.3 °
走行位置精度±30 mm
停止位置精度±10 mm
通路幅1100 mm
ケースクリアランス110 mm
ドライブモード二輪差動駆動
ナビゲーション2次元コード / 慣性
障害物回避レーダー
コミュニケーションモードWiFi
充電自動 / 手動充電
保護赤外線、超音波コントロール
連続回帰関数サポート
電圧DC 48 V
バッテリー容量46 Ah
フル充電時間≦1.5 時間
バッテリー稼働時間≧6 時間
AGV充電比率1 : 7
フル充電および放電回数2000 回

【製品紹介動画】