-

ケースハンドリングロボット(自動倉庫ロボット)

『ケースハンドリングロボット(自動倉庫ロボット)』はケースを保管するスペースを持ったロボットが、棚の間を走行し、左右にケースを振り分けながら入出庫します。ロボットは作業者の代わりに保管エリアから入出庫エリアに自走しながらケースを運びます。既存の中量ラックをそのまま使用し、現場を自動倉庫に変身します。条件さえ合えば現在ご使用頂いているケースをそのまま使用することも可能です。人によるピッキングからロボットによるピッキングに変更し、工場や倉庫の無人化・省人化に貢献します。

【インテリジェントなスケジューリングシステム】

・スマートな交通制御、複数シナリオ、複数車両のスケジューリング機能

・安定した効率的なナビゲーションモード、マルチパスのリアルタイム設計、車両操作の包括的な監視

【6つのメリット】

・モジュール設計

・レーダー障害物回避機能

・安全なエッジ構造

・オンデマンド展開

・短い実装サイクル

・低コスト

【製品規格】

外観サイズ(変更可能)L1560×W860×H4400mm本体重量450㎏
最高速度1.8m/秒通路幅1100mm
ケース最大重量50㎏充電/放電時間7時間/1時間
昇降速度0.5m/秒設置平面要求±4mm/㎡
満載重量750㎏定格電圧48V
回転精度±0.5°バッテリー容量46Ah
ケース最大数8箱回転能力360°