-

三次元シャトル(高密度保管システム)

『三次元シャトル(高密度保管システム)』とは多くの特許技術を持つ無⼈台⾞「スマート4DS」が、ラック内を前後左右自在に動き荷物を保管するシステムです。昇降リフトにより各段へ移動することも可能で、三次元の高密度保管システムを構築します。

【スマート4DS】
本体寸法:1210(L)×1030(W)×180(H) mm
定格積載量:600kg/1000kg/1500kg
本体重量:300~400kg
走行速度:空車時 2.0m/秒 満載時 1.0m/秒
稼働時間:満載時≧8時間
充電時間:完全放電後≦1時間


【保管機能と搬送機能を併せ持つ三次元シャトル】

ラックとしての保管機能はもちろんのこと「スマート4DS」がフォークリフトやコンベヤの代わりに輸送機能を併せ持ちます。

1574931034127593.jpg

【スマート4DSの動き方】

赤い丸で囲った荷物を出す場合、1台の「スマート4DS」が手前の段ボール箱を移動して、もう1台の「スマート4DS」が目的の荷物を取り出します。

1577364370267428.png

フォークリフトの爪の高さが出荷するラックの段の高さに届く場合は直接荷物を取り出すことも可能です。

ラック内の各段にあらかじめ「スマート4DS」を配置する場合や、「スマート4DS」の縦方向(各段への)の移動は昇降リフトを使用して台数を減らしたりと様々なプランニングが可能です。

また、渡り廊下を設置してエリア間の移動も可能です。

1577366090116870.png

【保管効率を大幅アップ】

従来のフォークリフトを使用した倉庫と比べると、フォークリフト動線を圧縮することにより保管量が2.2倍にアップします。また、自動倉庫と比べてもスタッカークレーンの通路を圧縮することにより同様に保管量が1.7倍にアップします。入出庫エリアを集約することにより、フォークリフト作業者の移動距離も大幅に削減します。

冷蔵倉庫や冷凍倉庫も対応可能で、フォークリフト作業者の負担を大幅に軽減します。コールドチェーンの効率化に最適です。

1577368679760932.jpg

1577368703838148.jpg

【様々な荷物に対応可能】

通常の樹脂パレットから特製スチールパレット、キャスター付きカゴ台車まで様々な荷物に対応可能です。従来難しかった多品種の長尺巻物の保管に最適です。

図3.jpg

図4.png

【完全自動化を実現】

三次元シャトル(高密度保管システム)から出荷した荷物をアーム式ロボットで積み付けたり、AGVに載せて出荷エリアまで搬送することにより、倉庫内の完全自動化を実現します。

AGVとの組み合わせも簡単にできますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

1574227981583484.jpg

【製品紹介動画】